失敗例から学ぼう!クレジットカード現金化のよくある後悔パターン

クレジットカード現金化をして満足した人もいますが、失敗して後悔をしてしまった人もいます。
基本的には申し込みを全て終えるとキャンセルができなくなってしまうので、利用前に失敗パターンを知っておきましょう。
どんな例があるのか知っておけば同じ失敗をしにくくなります。
クレジットカード現金化で後悔した理由、後悔しないための見分け方

振込金額を確認していなかった

現金化業者のHPを見ると、利用するときの換金率が書かれています。
しかし、絶対に換金率の通りに計算されるとは限りません。
書かれている換金率はあくまでも目安であることが多いです。
90%と書かれていても全員に90%が適用となるわけではないので、自分の場合はどうなのか事前確認しておく必要があります。
また、換金率は換金率表の通りであったとしても、その中から手数料が引かれることもあります。
手数料についてはHPには書かれていないこともあるので注意しておきましょう。
振込金額は直接聞いた方が安心なので、「いくら振り込まれるのか」を聞いてから利用するようにして下さい。

換金率につられて高額利用してしまった

クレジットカード現金化をする場合、利用する金額によっても換金率が変わってきます。
少額よりも高額の方が換金率が高くなるのでお得感も。
しかし、必要以上に高額利用してしまうと後で後悔するケースが多いです。
クレジットカード現金化をするとすぐに現金を手にすることができますが、その現金は貰ったものではありません。
カード会社に返済をすることになるため、高額利用すると返済するときに困ってしまうことになります。
カードの返済期限が過ぎてしまうと信用問題を傷つけてしまうことにも。
トラブルの元になるので返済できないほどの高額利用は止めておきましょう。

振込時間を勘違いしていた

現金化業者によって振込ができる時間が違います。
「24時間申し込みOK」と書かれている業者であっても、24時間いつでも振込ができるわけではないと理解しておきましょう。
現金化業者は、大きく分けると24時間営業している場合とそうではない場合があります。
24時間営業であれば深夜でも平日の15時以降でも入金してもらうことが可能。
しかし営業時間が決まっている業者の場合、営業時間内しか振込をしてもらうことはできません。
遅い時間に申し込みをして即日入金してほしい人は、24時間営業の業者を利用するようにしましょう。
営業時間外の業者だとその日の内には入金することができません。

もっと条件が良い業者が他にあった

現金化業者は数多くあるので、しっかりと比較してから利用するようにしましょう。
現金化のプランも色々とあるので、自分にとってお得になる業者を選ぶことが大事です。
高額利用をするとお得になる業者、少額利用でも換金率が良い業者、女性限定のお得プランがある業者など、それぞれ特徴があります。
業者を選ぶときはランキングや口コミなどからいくつか選び、比較するようにして下さい。
キャンペーンを開催しているかどうかも含めて確認し、「いくら振り込まれるのか」で比較すると後悔しにくいです。
見積もりはどの業者でも無料なので、遠慮せずに問い合わせするようにしましょう。

後悔しないためにも最低限の知識を頭に入れておこう

クレジットカード現金化のことを全く知らずに利用すると後悔しやすいです。
換金率や手数料の仕組み、振込時間など、最低限知っておくべきことを調べてから利用するようにしましょう。
現金化はそれほど複雑ではありませんが、知識があるのとないのとでは違います。
知識がないと後悔しやすいため、自分のことは自分で守るようにして下さい。