クレジットカード現金化では他人名義のカードは使えない

クレジットカードの現金化はとても便利で、消費者金融のように使う前の審査が厳しくないので、クレジットカードを持っている人であれば、誰でも利用することができます。
そのため学生や専業主婦にも人気があります。
しかし自分のクレジットカードを持っていない人が、他人名義のクレジットカードで現金化を行うことはできるでしょうか?

クレジットカード現金化は本人確認が必要

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を現金に変える方法です。
クレジットカードを使って業者が指定する商品を買い、中古品として買い取ってもらう形で現金を手にします。
現金化業者が商品を買い取る時に、古物営業法に基づいて処理します。
そのため中古品を買い取る時に盗まれたものでないことを証明しなければならないので、自分の身分証を提示しなければなりません。
もし現金化を依頼した当人とクレジットカードの名義が違うことが分かった場合に、現金化業者は取引を中止します。

クレジットカード現金化では他人名義のカードは使えない

基本的に現金化業者は利用者とカードの持ち主が違う時には、取引に応じてくれません。
というのも現金化業者もリスクを負いたくはないので、盗まれたクレジットカードを使って現金化する行為には加担したくないからです。
そのためクレジットカードを持っていない学生が、友達のカードを使うなど、当事者同士で合意があったとしても現金化業者は取引に消極的です。

他人名義のクレジットカードが使える現金化業者もいる

現金化業者の中には大した確認をせずに、他人名義のクレジットカードでも現金に変えてくれるところもあります。
しかし審査がいい加減な業者の中には、悪徳業者も含まれています。
悪徳業者はクレジットカードで決済が終わってから、現金を支払わないことがあります。
何度連絡しても電話が繋がらず、そのまま行方をくらましてしまうこともあります。
また手にした現金が当初聞いていた額よりも少なくされてしまい文句を言うと、業者から怒鳴りつけられて、恐喝されて泣き寝入りという場合もあります。
そのため本人確認不要や他人名義のカードでも大丈夫という業者を利用する前には注意が必要です。

自分で現金化すれば他人名義のクレジットカードでも簡単

どうしても他人名義のクレジットカードを利用したい時には、自分で現金化すると良いでしょう。
インターネットでクレジットカード決済するときには、自分の手元にカードがなくても、カード番号とセキュリティコード、暗証番号が分かれば買い物ができます。
クレジットカードを持っていない学生が、親のクレジットカードで現金化をしたい時に、あらかじめクレジットカードの情報を聞いておけば決済は簡単に出来ます。
商品が家に届いたら、ネットオークションを使って売却して、現金を振り込んでもらえば現金化が完了します。
しかしこの方法は少々時間がかかるので、今すぐに現金が必要な人には向いていないかもしれません。
クレジットカード現金化は、カードを持っている人なら誰でも利用できる便利な方法ですが、盗まれたカードを不正利用されるリスクもあるため、現金化業者では本人確認して、他人名義のカードを使わないようにしています。
そのため自分のクレジットカードを持っていない時には、何か別の方法を考えるようにしましょう。