クレジットカード現金化をしたいなら新幹線の回数券がお得?危険性も解説!

クレジットカード現金化には様々な方法がありますが、その主流といえば新幹線の回数券ですよね。
新幹線の回数券は何故クレジットカード現金化によく利用されるのか?そして新幹線の回数券で現金化をするリスクって一体どのくらいあるの?この二つの疑問を解決していきますので、新幹線の回数券を使った現金化に興味がある人や、これから現金化する商品を何にしようか悩んでいる人は是非最後までご覧ください。

新幹線回数券はなぜ現金化に人気なの?

新幹線の回数券はクレジットカード現金化をする上で最も効率が良く、換金率が高い商品です。
特に5万円~10万円程度の現金化を考えている人や、今すぐに現金が必要という人にとっては、非常に優れた商品と言えるでしょう。
新幹線の回数券は、6枚ワンセットでの販売となっており、一定区間内の移動を新幹線でお得に利用することができるサービスです。
「東京~名古屋」「東京~大阪」「名古屋~大阪」という大都市から大都市への移動はビジネスマンなどが多く利用することから需要が高まっており、金券ショップでも買取の強化が進んでいます。
新幹線の回数券は、JRの窓口でクレジットカードを使って購入することができ、駅構内や駅付近の金券ショップにそのまま売り払ってしまうことができてしまうことから、速攻で現金化ができると人気を集めております。
金額も「東京~大阪」だと7~8万円程度の現金化ができるので、高額な現金化を考えている人にとって、かなりお勧めの商品と言えます。

新幹線回数券の危険性とは?

ここからは「新幹線の回数券を現金化の危険性」について解説をしていきます。
先ほども説明したように新幹線の現金化は効率も換金率も良く、誰もが手を出したくなる現金化アイテムなのです。
しかし新幹線の回数券は、どのカード会社もかなり警戒しており、バレてしまうリスクが非常に高いと言えます。
そもそもカード会社はクレジットカード現金化を規約違反にしているところがほとんどですし、カード会社にとっても現金化をされてしまうと、「利用者がさらに借金を増やしてしまうリスク」「カード支払いを滞ってしまうリスク」「キャッシングの利用者が減ってしまうリスク」など様々なリスクがあります。
クレジットカード現金化がバレてしまえば、厳重注意では済まないケースがほとんどで、カードの利用停止、利用額の一括返済、他にも様々なペナルティーを課せられてしまう可能性が高いです。
新幹線の回数券の現金化がバレてしまうリスクを少しでも減らしたいのであれば、「新幹線の回数券の現金化を一回のみまたは定期的な購入にする」ということです。
バレてしまう人のほとんどが常習的に新幹線の回数券で現金化を行っている人であり、カード会社は履歴を見て判断するケースが多く、たった一回の購入や、定期的な購入であれば現金化と判断するのは難しいです。

まとめ

今回は新幹線のクレジットカード現金化について解説を行いました。
新幹線の回数券は一回で数万円から数十万円の現金化をすることが可能であり、駅構内の金券ショップに売ればあっという間に現金が手元に入るので非常に便利ですが、その分カード会社からのマークが非常に厳しいのが現状です。
頻繁な購入や、大量購入をしてしまうとバレてしまうリスクは非常に高くなってしまいますので、限度の範囲で、定期的な購入を心がけましょう。